涙ぽろぽろの職員も…ハラハラし通しの忘年会

2018年1月4日 日経メディカル Online 医療経営

 医院主催の飲み会は、医院側の金銭的な負担が重い上に、私自身の神経がすり減ることも少なくない。お店選びでは、患者さんが店員として働いていたり、客として来店している患者さんが居合わせると内輪の話が漏れ伝わる危険性があるので、可能な限り個室を取る。会話の内容も、院外の人に聞かれてまずい話はしないよう心がけている。

Comments are currently closed.