高強度スタチン治療で末梢動脈疾患の転帰改善

2018年4月25日 日経メディカル Online

Circulation誌4月3日号に掲載された論文です。末梢動脈疾患(PAD)患者の転帰に及ぼす影響を調べたところ、高強度スタチン治療は下肢喪失や死亡率の有意な減少と関連していることが分かりました。

Comments are currently closed.