ミッション:高齢患者の救急搬送を回避せよ

2018年5月24日 日経メディカル Online

近年「かかりつけ医」には、外来や在宅医療によって患者をできる限り地域で支え、急性期入院後の患者の在宅復帰を進めたり軽い症状での救急搬送を減らす役割が求められています。慢性疾患の急性増悪による救急搬送をいかに減らし在宅療養を続けさせるか、そのノウハウを取材しました。

Comments are currently closed.