遠隔画像診断を導入! 弱点は意外なところに

2018年5月24日 日経メディカル Online

 近年、画像診断の技術は向上し、短時間に高密度の情報が得られるようになりました。一方で、その高密度な情報をしっかりと吟味できる知識がなければ、意味をなしません。検査の絨毯爆撃と表現されることもあるように、全身のCT画像を撮っても、その情報を処理しきれないのであればただ爆撃して終わり。放射線を浴びせるだけになってしまいます。

Comments are currently closed.