直腸癌の安全な手術回避条件を探る研究

2018年7月11日 日経メディカル Online

 直腸癌の手術では、術後に排尿障害や性機能障害が起こることがあります。そのため、化学療法と放射線治療で寛解を達成した場合、その後の手術を安全に回避できる患者の条件を探る研究が報告されました。

Comments are currently closed.