高齢者の避難所肺炎、予防のカギは「お粥」

2018年7月11日 日経メディカル Online

日本で起きた過去の災害において、特に被害が大きい地区の避難所内で肺炎が多発しています。この「避難所肺炎」の発症者の多くは高齢者で、もともと要介護状態だった人、避難生活中に身体機能が衰えた人、低栄養の人、持病を多く持った人などです。

Comments are currently closed.