骨髄腫の大量化学療法・自家造血幹細胞移植後の維持療法でイキサゾミブが有効

2018年7月12日 日経メディカル Online

 武田薬品工業は7月12日、導入療法と大量化学療法を伴う自家造血幹細胞移植で奏効を示した多発性骨髄腫患者を対象に、経口プロテアソーム阻害薬イキサゾミブの維持療法としての有効性が確認されたと発表した。幹細胞移植後の多発性骨髄腫患者を対象に行われた無作為化プラセボ対照二重盲検フェーズ3試験TOURMALINE-MM3で、無増悪生存期間の有意な改善が認められた。プロテアソーム阻害薬の維持療法としての有効性が証明されたのは初めてになる。

Comments are currently closed.