直接経口抗凝固薬のMIリスクはVKAより低い

2018年7月20日 日経メディカル Online

J Am Coll Cardiol誌7月3日号に掲載された論文です。心房細動(AF)患者を対象に、直接経口抗凝固薬(DOAC)であるアピキサバン、ダビガトラン、リバロキサバンまたはビタミンK拮抗薬(VKA)と心筋梗塞(MI)リスクの関連が、デンマークのレトロスペクティブコホート研究で検討されました。

Comments are currently closed.