都市部で続々立ち上がる夜間休日往診サービス

2018年9月13日 日経メディカル Online

夜中に発熱。翌朝まで待つのも不安――。そんな患者の気持ちに応える夜間休日往診サービスが都市部で登場してきています。過剰医療につながるとの指摘もありますが、サービス提供者は軽症患者の救急受診抑制やかかりつけ医機能の強化、公的な救急車に次ぐ新たな選択肢、民間救急サービスとしての可能性などを模索しています。

Comments are currently closed.