ロルカセリンは心血管リスクを上昇させない

2018年9月14日 日経メディカル Online

 セロトニン2C受容体作動薬のロルカセリンは、肥満患者の減量指導に併用する薬ですが、同じ目的で過去に使われた薬が有害事象で販売中止になった例があるため、安全性の評価が待たれていました。

Comments are currently closed.