「発光する」鈎、暗い術野を明るく照らす

2018年9月20日 日経メディカル Online

 開腹手術を行う際、術野の奥まで無影灯の光が届かず、患部が見にくい――。そんな時、術者の“ともしび”となる鈎が登場した。それがLED照明を搭載したコードレス鈎「コウプライト(koplight)」。鈎そのものの先端が発光して術野深部を明るく照らす。

Comments are currently closed.