国が目指す“つながる”リハビリって?

2018年10月10日 日経メディカル Online

地域包括ケアシステムの整備が図られる中、リハビリのあり方も見直しが進んでいます。急性期入院から回復期入院、外来、通所、訪問までリハビリをいかに切れ目なく効果的に提供するか――。2018年度診療・介護報酬改定では、その仕組みの確立が焦点の1つになりました。

Comments are currently closed.