HR陽性進行乳癌の1次治療におけるアベマシクリブとAIの併用投与の有効性が日本人患者でも確認【癌治療学会2018】

2018年10月18日 日経メディカル Online

 ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳癌に対する1次治療として、CDK4/6阻害薬アベマシクリブと非ステロイド型アロマターゼ阻害薬(AI)の併用投与は日本人でも管理可能で有効性も認められることが明らかとなった。非ステロイド型AI単剤よりも無増悪生存期間(PFS)を有意に延長できることが、フェーズ3試験MONARCH3の日本人データの解析の結果示された。10月18日から20日まで横浜市で開催されている日本癌治療学会で、北海道がんセンター副院長の高橋將人氏によって発表された。

Comments are currently closed.