手根管症候群にはスプリントよりステロイド

2018年11月6日 日経メディカル Online

 プライマリケア外来を受診した軽症から中等症の手根管症候群患者に対しては、就寝時に装具で手首を固定する夜間スプリントよりも、患部への単回のステロイド注射の方が症状軽減が早いという研究が報告されました。

Comments are currently closed.