収縮期高血圧は大動脈弁疾患の修正可能なリスク

2018年11月14日 日経メディカル Online

Eur Heart J誌10月14日号に掲載された論文です。収縮期血圧(SBP)が大動脈弁狭窄(AS)および大動脈弁逆流(AR)の修正可能なリスク因子であることが、英国の大規模コホート研究により示唆されました。

Comments are currently closed.