循環器医に求められる症状緩和と意思決定支援

2018年11月15日 日経メディカル Online

第1回では心不全緩和ケアに取り組んできた軌跡を振り返っていただき、各施設の特徴と課題を明らかにしました。今回は、「心不全緩和ケアは普及期に入った」という共通認識のもと、循環器医が取り組むべきなのは「症状緩和」と「意思決定支援」であることが確認されました。

Comments are currently closed.