がん終末期では体が欲する食事量を尊重すべし

2019年4月15日 日経メディカル Online ターミナルケア

がん終末期で患者さんの食が細ったとき、その家族としては「できるだけたくさん食べて元気になってほしい」と思うのは無理からぬことでしょう。しかし、がん終末期では、無理な食事がかえって体のバランスを崩すことにもつながりかねません。筆者が経験した事例をご紹介します。

Comments are currently closed.