医師の労働時間短縮と地域医療維持は両立するか

2019年4月15日 日経メディカル Online 医師のキャリア

3月28日に厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」が最終報告書をとりまとめました。 この報告書を巡っては、医師に特例として「年間1860時間」という過労死ラインを超える時間外労働を認めることがクローズアップされた一方で、「医師の業務時間を制限されると、医療提供体制が破綻する」という悲鳴が聞こえてくるなど、まだまだひと悶着ありそうな状況が続いています。

Comments are currently closed.