腹腔鏡下肝切除術の最新動向が続々発表

2019年5月21日 日経メディカル Online

 第2回国際腹腔鏡肝臓外科学会(ILLS2019)が5月9日から11日まで東京で開催されました。重篤な合併症が発生するリスクから肝切除術の適応となることが少ないChild-Pugh Bの肝硬変を伴う肝細胞癌(HCC)、HCCの再発に対する再肝切除術における腹腔鏡下肝切除術(LLR)の有用性、またLLRと開腹肝切除術(OLR)を比較した初のRCTからは、腹腔鏡操作の難易度が高い領域にある大腸癌肝転移におけるLLRの有用性など、最新動向が次々に発表されました。

Comments are currently closed.