専門性に固執し「潰しが利かない」キャリアに

2019年6月13日 日経メディカル Online 医師のキャリア

 50歳以上のベテラン医師の転職の失敗例で目立つのは、これまで築いてきた専門性や、給与など待遇の維持にこだわりすぎるというパターンです。希望の金額の給与を出してくれる転職先があったとしても、仕事がハード過ぎる可能性があり、入職早々「こんなはずではなかったのに……」ということになりかねません。転職の失敗を回避し、納得のいく医師人生を歩むためのポイントをまとめました。

Comments are currently closed.