患者の医療情報は医者の私物じゃない

2019年7月8日 日経メディカル Online 医療情報

CADA-BOXに収納できる情報は多岐に渡る。受診日、医療機関名、傷病名、検査結果、診療中に使われた薬、処置・手術歴、処方された薬など電子カルテに入っているデータはもちろんのこと。X線やマンモグラフィーなどの検査画像も閲覧できる。また、健康診断などの結果のほか、ウエラブルデバイスなどで計測したバイタルデータも保存できる。PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)を一元的に管理する仕組みを、NECや富士通などの巨大なITベンダーではなく、社員200人余りのベンチャー企業が作り上げたのだ。

Comments are currently closed.