LOGIQ P9

2019年7月8日 日経メディカル Online 医療機器

 外来診察室や病棟、オペ室、救急センターなど、幅広い環境で利用できる超音波診断装置。広帯域のプローブを豊富にそろえ、画像のコントラストを高めて汎用性を向上させた。高精細な血流表示が可能な「B-Flow」モードに形態観察に活用するBモードを重ねて表示する「ハイブリッド」モード、低流速・血流など微細な血流情報の観察に有用な「HDC」モードなどを備え、多様な表示モードで疾患の早期診断を支える。

Comments are currently closed.