SGLT-2阻害薬は尿路感染症を増やさない?

2019年8月22日 日経メディカル Online 代謝・内分泌

 SGLT2阻害薬は尿中に排泄されるブドウ糖を増やすため、尿路・性器感染症のリスクを増やすことが考えられます。しかし、他の糖尿病治療薬に比べ、尿路感染症を増やさないという研究が報告されました。

Comments are currently closed.