政府の社会保障見直し方針を受け医療制度はどう変わる?

2019年9月9日 日経メディカル Online 行政・制度

これまでの検討により、団塊の世代が後期高齢者となる2025年までの医療・介護制度の絵姿が一応は整った。だが、高齢者の絶対数が最も増え、年間死亡者数も最多となることが予想される2040年前後に向けた本格的な検討はこれからだ。人口の減少によって医療・介護の担い手が急減する時代に対応させるために、我が国の制度をどのように変えていくべきなのか。

Comments are currently closed.