EGFR-TKI抵抗性のEGFR変異陽性進行NSCLCに抗HER3抗体-薬物複合体U3-1402が有用な可能性【WCLC2019】

2019年9月11日 日経メディカル Online

 EGFR-TKI抵抗性となったEGFR変異陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)に、抗HER3抗体-薬物複合体U3-1402が有用である可能性が明らかとなった。進行中のフェーズ1試験の用量漸増パートの予備的な解析で、忍容性が確認され抗腫瘍効果も認められた。9月7日から10日までスペイン・バルセロナで開催されたIASLC 20th World conference on Lung Cancer(WCLC2019)で、米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのHelena A Yu氏によって発表された。

Comments are currently closed.