令和の今、PCR装置を開発するコニカミノルタのBICな心意気

2019年10月10日 日経メディカル Online 医療機器

 イノベーションを起こすには高い技術が必要か──その答えは「YES」であり、「NO」であろう。東京ビッグサイトで開催されている「クロスヘルスEXPO2019」(主催:日経BP、10月9日から11日)の会場で、そんなことを考えさせられる製品を目の当たりにした。コニカミノルタが大便サンプルから直接、腸内フローラ(細菌叢)を解析できる装置を開発したという。使っている技術を聞いて、2度驚いた。今さらPCRというのだ。しかも複合機屋さんのコニカミノルタが、ライフサイエンスという飛び地でビジネスを展開しようとしている。混乱した頭のままブースで話を聞いて、最後には「なるほど」と膝を打った。。

Comments are currently closed.