HIV感染者の認知機能障害、原因は? 治療は?

2020年1月16日 日経メディカル Online 感染症

抗ウイルス薬など治療の進歩によって直ちに死に至る病ではなくなったHIV感染症。重篤な神経認知障害を来す患者も激減しましたが、最近、治療が比較的順調な患者でも軽度の認知障害を呈するケースが明らかとなり、HIV関連神経認知障害(HIV-associated neurocognitive disorder:HAND)という新たな疾患概念が提唱されました。

Comments are currently closed.