夜勤に潜む「不都合な真実」

2020年2月11日 日経メディカル Online 精神・神経

今回から2回にわたって、医療従事者である私たちにもなじみ深い「交代勤務に伴う睡眠問題」を取り上げます。交代勤務に伴う睡眠問題は、米国睡眠医学会による睡眠障害国際分類(ICSD-3)で「概日リズム睡眠-覚醒障害群―交代勤務障害」と診断されます。交代勤務障害はQOLの低下や業務上のエラー・事故の原因になり得ることも報告されているので、生活や業務に支障が出ている場合には対処する必要があります。

Comments are currently closed.