濃厚な前治療を受けた転移を有するHR陽性HER2陰性乳癌患者のOSがアベマシクリブ+タモキシフェンで延長する可能性【ESMO2020】

2020年9月21日 日経メディカル Online

 濃厚な前治療を受けた転移を有するホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性乳癌(MBC)患者に対し、CDK4/6阻害薬アベマシクリブをタモキシフェンと併用することにより、アベマシクリブ単剤と比べて全生存期間(OS)が有意に延長することが、多施設共同、非盲検、フェーズ2のランダム化比較試験next MONARCHのOSの最終解析から示された。この試験にはOSの優越性の検出力はなかったが、アベマシクリブとタモキシフェンの併用は、アベマシクリブ単剤200mgと比べてOSを7.2カ月延長し、死亡のリスクが38%減少する結果となった。

Comments are currently closed.