多剤耐性結核患者の治療・隔離期間の短縮化に有用な検査法とは?

2020年10月23日 日経メディカル Online 感染症

多剤耐性結核(MDR-TB)患者において、ピラジナミド(PZA)耐性の有無を早期に把握する方法として、表現型ではなく遺伝子型の薬剤感受性試験(DST)と、最小発育阻止濃度の測定試験(MIC)と組み合わせることを提案し、喀痰培養陰性化までの時間や治療転帰との関連を検討した。その結果、遺伝子型のDSTで検討したPZA耐性は、喀痰培養陰性化までの時間延長と関連しており、提案方法の有用性が示唆された。本論文は、Clin Infect Dis誌10月3日電子版に掲載された。

Comments are currently closed.