「心不全とともに生きる」患者をどう支援?

2020年10月27日 日経メディカル Online 循環器

心不全は、心臓の機能の低下と急性増悪を繰り返し、徐々にADLが低下して終末期を迎えます。急性心不全を一旦発症した患者の5年生存率は60%ほどであり、癌と変わりません。「心不全とともに生きる」患者と家族を、どのように支援していけばよいのでしょうか。

Comments are currently closed.