COVID-19に“効く”薬の検証はどこまで進んだ?

2020年10月28日 日経メディカル Online 感染症

 日本感染症学会が示す、現時点でのCOVID-19に対する薬物治療(最新版は第6版、8月13日)は、レムデシビル(商品名ベクルリー)、デキサメタゾン、ファビピラビル(アビガン)、シクレソニド(オルベスコ)、トシリズマブ(アクテムラ)、ナファモスタットがある。このうちCOVID-19に対して承認を得ているのはレムデシビルとデキサメタゾン(2020年10月23日時点)。その後、いくつかの薬剤で対照群を設定した臨床試験の結果が報告されている。COVID-19の治療候補薬剤はどこまで効果が証明されたのか。最新の動向を見てみよう。

Comments are currently closed.