化学療法中の栄養サポートはGPS陽性、低アルブミン血症の進行胃癌患者の治療成功期間を延長【ASCO GI 2021】

2021年1月16日 日経メディカル Online

 化学療法を受けた進行胃癌患者のうち、Glasgow Prognostic Score(GPS)陽性、低アルブミン血症の患者では、栄養サポートにより治療成功期間(TTF)が有意に延長することが、レトロスペクティブな解析で明らかになった。名古屋医療センター腫瘍内科の杉山圭司氏らが、1月15日から17日までWEB上で開催されている2021 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI 2021)で発表した。

Comments are currently closed.