増加する薬物性潰瘍、診療ガイドラインも改訂

2021年2月17日 日経メディカル Online 消化器

NSAIDsや低用量アスピリンの処方頻度の増加に伴い、それらに起因する消化性潰瘍が増えています。2020年に改訂された「消化性潰瘍診療ガイドライン」では潰瘍予防の必要性が強調されており、薬剤師にも早期発見を含めた積極的な関わりが求められています。

Comments are currently closed.