BRCA変異陽性HER2陰性早期乳癌の術後療法でのオラパリブの優越性がOlympiA試験の中間解析で基準をクリア、早期主要解析へ

2021年2月17日 日経メディカル Online

 英AstraZeneca社は2月17日、BRCA変異を有するHER2陰性の高リスク早期乳癌の術後療法としてのオラパリブの有効性を評価しているフェーズ3試験OlympiA試験について、早期に主要解析を行い結果を報告すると発表した。これは試験の独立データモニタリング委員会(IDMC)の勧告に従って行われるもの。事前に規定された中間解析で、主要評価項目である浸潤性疾患のない生存期間(iDFS)について、優越性の基準をクリアしたとIDMCが結論付けたことによる。

Comments are currently closed.