日本人進行胃癌へのニボルマブの実臨床での効果は臨床試験と同等、急速な腫瘍増大はPDよりもOSは長い【日本臨床腫瘍学会2021】

2021年2月19日 日経メディカル Online

 日本人の進行胃癌に対するニボルマブの実臨床における効果は、臨床試験で認められたものと同等であることが確認された。また、急速な腫瘍増大(HPD)が起きた患者は、起きなかった患者よりも生存期間は短いが、最初の効果測定時点で病勢進行(PD)だった患者に比べれば長いことが示された。切除不能進行胃癌を対象としたニボルマブのバイオマーカー探索を含めた多施設観察研究であるDELIVER試験(JACCRO GC-08)の、有効性と安全性解析の結果示された。

Comments are currently closed.