薬剤師

ヘパリン類似物質外用泡状スプレーの変更調剤

2020年2月21日 日経メディカル Online 薬剤師

今回のテーマは特段新しい話ではないのですが、ヘパリン類似物質についてです。皮膚科からはもちろん、それ以外の診療科からも、こんな処方箋をよく見掛けます。

More

「プロトコルに基づく処方薬の変更」を推進へ

2020年2月21日 日経メディカル Online 薬剤師

2020年2月19日、第6回「医師の働き方改革を進めるためのタスクシフト/シェアの推進に関する検討会」が開催され、「現行制度上実施可能な業務の推進」について議論された。厚生労働省は、関係団体へのヒアリングで提案された業務項目をまとめて、「現行制度上実施可能とした業務(事務局整理案)」を改めて提示(記事の最後に掲載)。このうち、薬剤師に関して各医療機関で特に推進するとしたものを示した。このほか、職種に関わりなく特に推進するものとして、「説明と同意(職種ごとの専門性に応じて実施)」を挙げた。

More

クルーズ船の派遣薬剤師として現場で活動して

2020年2月21日 日経メディカル Online 薬剤師

 新型コロナウイルスの集団感染が判明したクルーズ船の乗客の医薬品などの供給が不足している事態を受け、厚生労働省の依頼で2月8日から薬剤師が派遣された。実際に、派遣薬剤師として、医薬品の仕分け作業や、取りそろえに従事した横浜市薬剤師会理事で田中薬局(横浜市中区)の田中大嗣氏に聞いた。

More

ボクは社長なのに……

2020年2月20日 日経メディカル Online 薬剤師

 え? ええ? えええええー?! どうして? どうして?? ボクは社長なのに!? 先日、とてもショックなことがあった。大勢の前で、ボクは社員からものすごい勢いで怒鳴られたのだ。

More

不安と焦りを抱えた患者

2020年2月19日 日経メディカル Online 薬剤師

ドラマ化が決定したゼノンコミックス「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」。第3巻をDIOnlineで特別公開します。

More

マスク狂騒曲の中で

2020年2月18日 日経メディカル Online 薬剤師

新型コロナウィルス(novel coronavirus)が猛威を振るっています。病院ではマスクは足りているのかなと心配になっている今日この頃です。市中の最前線にいる1人として、マスクを販売しながら見た模様をレポートしたいと思います。

More

自動搬入・払出装置で待ち時間は3分の2に

2020年2月18日 日経メディカル Online 薬剤師

薬局での対人業務の推進が求められる中で、対物業務の機械化やICT化が進んでいる。ではこれらを導入すると、既存の薬局と比べてどの程度のメリットが得られるのか──。2019年3月に開局した梅田薬局(大阪市北区)は、日本仕様の自動搬入・払出装置と、医療モール全体での医療情報連携基盤(EHR)による電子処方箋のシステムを開発、導入している。このほど、同薬局を運営するメディカルユアーズ(神戸市灘区)代表取締役社長の渡部正之氏が、導入後のアクシデント(薬剤交付後に明らかになった過失)と、患者の平均待ち時間を、2020年2月15、16日に開催された第41回日本病院薬剤師会近畿学術大会で発表した。

More

「薬剤師の特定行為、可能性の検討を」

2020年2月18日 日経メディカル Online 薬剤師

2020年2月10日、第19回新薬剤師養成問題懇談会(六者懇)が開催され、文部科学省と厚生労働省から、薬学教育6年制および薬剤師に関する状況などが報告された。厚労省からは、薬剤師の養成、資質向上の課題について検討の場を新たに設けることが発表されたほか、出席者からは薬剤師の特定行為などの検討を求める意見も上がった。

More

長崎県内全域の薬局で調剤情報共有へ

2020年2月17日 日経メディカル Online 薬剤師

。長崎県薬剤師会では、2019年度から患者の服薬情報を一元的に管理して閲覧できる調剤情報共有システム「おくすりネット長崎」の県下全域での稼働を始めている。2020年1月中旬時点で、参加薬局数は156店舗で登録患者は301人。調剤情報を入力すると、必要に応じて重複投薬や相互作用などに関する注意喚起のアラートが出る仕組みで、薬剤師がより適切な疑義照会や服薬指導を行うのに役立っているという。

More

その感染症は空気感染?飛沫感染?

2020年2月17日 日経メディカル Online 薬剤師

 地域包括ケアシステムの中で、地域の衛生環境を整えることは重要です。薬剤師としてやれることは多いですね。特に感染症の流行は大きな問題ですから、地域住民を守るために感染症の予防対策の周知・徹底が重要ですね。あなたなら何をしますか。 薬局の取り組みとして、感染症の発症予防のために資料を作成し、情報提供を行うことになりました。スタッフが手分けして作成した資料の内容について確認してほしいと頼まれました。  (1) インフルエンザや風疹は、飛沫核が空気中を長時間漂うことで広範囲に伝播し、空気感染により感染する。 (2) 結核、麻疹は、飛沫感染であり、咳やくしゃみで飛沫が経気道的に粘膜に付着するこ

More

ソタコールの併用禁忌にエリグルスタット追加

2020年2月17日 日経メディカル Online 薬剤師

 不整脈治療薬のソタコール錠(一般名ソタロール塩酸塩)の併用禁忌に「エリグルスタット酒石酸塩」が追加されました。これは、ゴーシェ病治療薬のサデルガカプセルの添付文書との整合性を図られた追加です。また、ソタコール錠の識別コードが、40mg錠「BMS 622」→「CP 622」、80mg錠「BMS 621」→「CP 621」に変更になりました。 血液凝固阻止薬のイグザレルト(リバーロキサバン)の併用禁忌「コビシスタットを含有する製剤」の医薬品名に「ゲンボイヤ、プレジコビックス」が追加されました。これは、HIV感染症治療薬のゲンボイヤ配合錠(エルビテグラビル・コビシスタット・エムトリシタビン・テノホビルアラフェナミドフマル酸塩)およ

More

そこが気になってしまうのは薬剤師の性分?

2020年2月14日 日経メディカル Online 薬剤師

既にご存じの方がほとんどだと思いますが、DI Onlineでも公開されている薬剤師が主人公の漫画「アンサングシンデレラ」が、ついにドラマ化されるということです!本邦初となる薬剤師が主人公の連続ドラマですが、主人公の葵みどりを演じるのはなんと石原さとみさん。

More

病院で残薬削減に取り組む理由

2020年2月14日 日経メディカル Online 薬剤師

2020年度診療報酬改定に向けた中央社会保険医療協議会(中医協)総会の議論では、残薬の発生を防止し、解消する仕組みについて意見が交わされました。今回は、倉敷中央病院が行っている残薬対策について紹介したいと思います。

More

2020年度改定が業界にもたらす3つの変化

2020年2月14日 日経メディカル Online 薬剤師

 もう少し先かなと思っていたら、2月7日(金曜日)に2020年度調剤報酬改定の点数が公表されました。詳しい説明は、本サイトを含めて色々なところから出てくると思いますので、そちらにお任せするとして、私からは今改定を受けて薬局、そして医療業界に起こるのではないかという変化を、(勝手に)予測してお伝えしたいと思います。あくまでも私の独断での予測ですので、ご参考程度にとどめていただければと思います。 今回の調剤報酬で1番影響を受けるのは、調剤基本料1から漏れてしまう薬局だと思います。 (1)調剤基本料1 → 2:処方箋受付回数が1800~2000回で集中率95% (2)調剤基本料1 → 3:同一グループで処方箋受付回

More

入院前の内服薬が変更、薬局に情報提供で60点

2020年2月13日 日経メディカル Online 薬剤師

中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2020年2月7日に開催され、2020年度診療報酬改定の個別項目と点数について、厚生労働大臣に答申した。2020年度改定は、医療機関と薬局の連携に重点を置いた改定となっており、薬薬連携の観点からも、医療機関の薬剤師に関係する主な改定項目を押さえておきたいところだ。

More

新型コロナウイルス、一般向け情報の日米間の差

2020年2月12日 日経メディカル Online 薬剤師

 新型コロナウイルス感染症に関する報道は、読者の皆さんも毎日接していて、それぞれが感じることや思うことがあるものと思います。時間の経過とともに、感染者の居住地域や感染者数、死亡者数が増加しており、現在進行形で予断を許さない状況ですが、それと同時に、新型コロナウイルスの性質や、感染を防ぐための方策が、修正を重ねられながら、徐々に正しく報じられるようになってきているように感じます。

More

2月号特集は「腰痛の薬アップデート」

2020年2月10日 日経メディカル Online 薬剤師

 2月号特集は「腰痛の薬アップデート」です。国民の8割が生涯に1度は経験するという腰痛。腰痛治療というと、薬で痛みを抑えることをイメージしがちですが、活動性を高めることが重要であり、薬物治療はあくまで補助的に行われます。その薬物治療ですが、2019年5月に診療ガイドラインが改訂され、推奨薬に大きな変更がありました。従来、第一選択薬は、急性、慢性ともに、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)とアセトアミノフェン(商品名カロナール他)でしたが、今回は慢性腰痛に対するNSAIDsの推奨度が下がり、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)や弱オピオイド、ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液(ノイロトロピン)

More

これまで以上に対人中心への転換求めた改定

2020年2月8日 日経メディカル Online 薬剤師

2020年2月7日、2020年度調剤報酬改定の個別改定項目と点数が決定し、関連団体による記者会見が開催された。日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会による「三師会合同記者会見」は、同日夕刻から厚生労働省内で開催。日薬からは会長の山本信夫氏と、中央社会保険医療協議会(中医協)委員を務める常務理事の有澤賢二氏が出席した。

More

「アンサングシンデレラ」がついにドラマ化

2020年2月7日 日経メディカル Online 薬剤師

 DIOnlineで公開中の漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」を原作とする連続ドラマが、2020年4月、フジテレビでスタートする(毎週木曜22時~22時54分)。主人公の葵みどりを演じるのは、石原さとみ。日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした医療ドラマとして、薬剤師関係者に限らず大きな注目を集めそうだ。

More

後発品加算1の75%以上は15点、3点マイナス

2020年2月7日 日経メディカル Online 薬剤師

中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2020年2月7日に開催され、2020年度調剤報酬改定の個別項目と点数について、厚生労働大臣に答申した。

More

附帯意見を了承、答申は2月7日を予定

2020年2月6日 日経メディカル Online 薬剤師

中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2020年2月5日に開催され、2020年度診療報酬改定の答申書の附帯意見案を了承した。

More

メインテートで注意が必要なあの薬剤

2020年2月6日 日経メディカル Online 薬剤師

 西根さんの新規個別指導も、6人目の患者さんとなり、いよいよ佳境に突入です~。今回の患者さんは、2型糖尿病と心不全、高血圧で治療中の患者さんです~。

More

調剤報酬もサブスクリプションモデル!?

2020年2月6日 日経メディカル Online 薬剤師

2020年1月29日、2020年度調剤報酬改定に向けた「個別改定項目について」(いわゆる短冊)が公開されました。ネットで閲覧できますので、既に多くの方がブログでまとめたり、SNS(交流サイト)で言及したりしています。中には動画サイトでの解説もあり、ネット社会の隆盛を感じます。

More

AST専従薬剤師は、日々こんな仕事をしています

2020年2月5日 日経メディカル Online 薬剤師

 皆さん、初めまして。新しくコラムを執筆することになりました、静岡県浜松市にある総合病院聖隷浜松病院薬剤部の本田です。当院の病床数は750床で、高度専門医療、低侵襲治療に積極的に取り組み、地域の高度・急性期医療を担っています。国際的医療機能評価機関によるJCI認証を取得(2018年9月更新)し、国際標準の安全で良質な医療を実践しています。 私は、感染制御専門薬剤師、抗菌化学療法認定薬剤師などの資格を取得しており、院内の抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の専属薬剤師として活動しています。 

More

改定の附帯意見に「医薬品の適正な保険給付」を

2020年2月5日 日経メディカル Online 薬剤師

中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2020年1月31日に開催され、2020年度診療報酬改定の答申書の附帯意見案(素案)について議論された。附帯意見は、2022年度改定への申し送り事項となるもので、素案には20項目が提示された。

More

期待外れになりそうな病棟業務加算の改定

2020年2月4日 日経メディカル Online 薬剤師

普段は、関節リウマチに関する話題を執筆していますが、今回は2020年度診療報酬改定について書きたいと思います。具体的な点数が決定するのは早くても2月7日、その後疑義解釈資料(Q&A)が出てくるので、最終的にどうなるかはまだ分かりませんが、2月3日時点で出ている資料やこれまでの議論から、感じたことです。

More

ゾフルーザはどのように効果を発揮する?

2020年2月4日 日経メディカル Online 薬剤師

 2020年もよろしくお願いいたします。早速、 第13回の問題から見ていきましょう。今回は、抗インフルエンザ薬がテーマになります。 この医薬品Aが何かは恐らく察しがついているのではないでしょうか。医薬品Aはバロキサビルマルボキシルになります。第12回、13回で登場した医薬品と同様にバロキサビルマルボキシルも活性部分が保護されたプロドラッグです。では、どのように活性本体の構造になるのかを図1を見ながら確認していきましょう。まず1段階目では、加水分解酵素によりマルボキシル基が加水分解され、メタノールを副生しながら中間体Aが生成します。この中間体Aは、第12回で紹介した炭酸に似た構造を持っていることから不安

More

かかりつけのプライバシー要件に注文

2020年2月3日 日経メディカル Online 薬剤師

中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2020年1月31日に開催され、1月29日に引き続き、個別項目の議論(いわゆる「短冊の議論」)が行われた。この日は、個別項目IIとIVをテーマに議論した。IIには、かかりつけ薬剤師指導料などに対する評価や、同一薬局の利用促進などをはじめ、IVには後発医薬品の使用促進などが盛り込まれている。

More

マツキヨとココカラ、2021年10月経営統合へ

2020年2月3日 日経メディカル Online 薬剤師

大手ドラッグストアチェーンのマツモトキヨシホールディングス(マツキヨHD、千葉県松戸市)と、ココカラファイン(ココカラ、横浜市港北区)は、2020年1月31日、両社間の経営統合に関する基本合意書と経営統合に向けた資本業務提携を締結したと発表した。

More

「短冊」に書かれているのは願い事?

2020年2月3日 日経メディカル Online 薬剤師

 少し季節外れの話題で恐縮ですが、小さい頃、七夕は大きな行事でした。保育園でも小学校でも、その1週間くらい前から、色々と準備を始めていたものです。歌を歌ったり、笹に飾り付けをしたり……。色とりどりの短冊に、願い事を書いたのも懐かしい思い出です。もちろん、今でもその季節になると、ホテルや商業施設のロビーに、「ご自由にどうぞ」と短冊とマジックが用意され、思い思いに書いて飾り付けたりする風景が見られます。 その短冊には色々なことが書かれています。子どもであれば、将来こうなりたいとか、おもちゃやゲームが欲しいといったことが書かれていますし、大人は夢のあるもの、身につまされるものなど様々です。しかし

More

スーグラの重大な副作用に「ショック、アナフィラキシー」追加

2020年1月31日 日経メディカル Online 薬剤師

 ナトリウム・グルコース共輸送体(SGLT)2阻害薬のスーグラ錠(イプラグリフロジンL-プロリン)の重大な副作用に「ショック、アナフィラキシー」が追加されました。またジペプチジルペプチダーゼ(DPP)4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤であるスージャヌ配合錠(シタグリプチンリン酸塩水和物・イプラグリフロジンンL-プロリン)の重大な副作用に「ショック」が追加されました。これはスーグラ錠の改訂に伴い整合性が図られた追加です。 アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)のオルメサルタンメドキソミル(先発品名オルメテック)の重大な副作用に「間質性肺炎」が追加されました。同時に、オルメサルタンとカルシウム拮抗薬のアゼルニジ

More

売れない演歌歌手じゃあるまいし!

2020年1月30日 日経メディカル Online 薬剤師

 「売れない演歌歌手の地方巡業じゃあるまいし、昔ヒットした曲だけで食いつないでいる場合じゃないだろうっ!!」。ある日の営業会議でボクは思わず、こんな言葉を発してしまった。それもこれも、会議前日に処方元との合同忘年会に参加したせいだ。

More

後発品加算、「75、80、85」の基準は維持

2020年1月30日 日経メディカル Online 薬剤師

中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2020年1月29日開催され、2020年度調剤報酬改定に向けた具体的な個別改定項目の議論(いわゆる「短冊の議論」)が始まった。既報の《その1》に続き、中医協で公表された資料のうち、薬局・薬剤師に関する項目について、抜粋して公開する。

More

14日分以下の調剤料、2段階にまるめ

2020年1月29日 日経メディカル Online 薬剤師

中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2020年1月29 日に開催され、2020年度調剤報酬改定に向けた具体的な個別項目の議論(いわゆる「短冊の議論」)が始まった。今後、中医協総会で数回の議論を経て、2月に正式な調剤報酬点数が決まる。

More

薬剤師国試の合否を分ける科目とは?

2020年1月28日 日経メディカル Online 薬剤師

 2020年2月22日(土)、23日(日)に実施される第105回薬剤師国家試験まで、1カ月を切った。武蔵野大学薬学部(東京都西東京市)薬学キャリア教育研究センター助手の弓削田祥子氏は、国試合格と得意科目の相関性を分析し、薬理、薬剤、実務の得点が合否に大きく影響しているとの結果を明かにした。 弓削田氏が所属する薬学キャリア教育研究センターでは、国試9科目の中で、合格者の得点源になり、また他の科目とのつながりが強い科目を特定するため、自大学の卒業認定試験(卒試)の成績から、合格者と不合格者の科目の得点率について解析を行った。

More

「頑張っている薬剤師への評価を」

2020年1月28日 日経メディカル Online 薬剤師

2020年1月24日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会は、公聴会を開催した。公聴会は、中医協委員が広く国民の声を聞くために開催しており、今回は静岡県富士市のふじさんめっせ(富士市産業交流展示場)が会場となった。

More

時代の変化を映した改正薬機法、薬局・薬剤師に求められる役割を果たせ

2020年1月27日 日経メディカル Online 薬剤師

 2019年12月4日、医薬品医療機器等法(薬機法)等の改正法が官報で公布された。薬剤師・薬局にとって、今回の法改正はどのような意味があるのか、これから何をすべきなのか。施行に向けたスケジュールを含めて、厚生労働省医薬・生活衛生局薬事企画官の安川孝志氏に聞いた。(聞き手は本誌編集長、佐原 加奈子)

More

専門家なら怒鳴られても薬を早く出すな

2020年1月27日 日経メディカル Online 薬剤師

 先日、若手薬剤師から愚痴のような相談のような話をされた。彼女は、4年前に大学を卒業して中堅の薬局チェーンに入社し、今は公的病院の近隣の薬局で、外来患者の対応を中心に薬剤師業務に励んでいる。

More

これからの時代の薬剤師はDon’t wait !

2020年1月27日 日経メディカル Online 薬剤師

 DI Online読者の皆様、本年もどうぞよろしくおねがいいたします。ここ数年の日本のニュースを見ていると、国際化に伴い、外国の習慣となっている行事が、幾つも日本に取り入れられてきたように見受けられます。でも、昭和生まれの私の年代や、それより年上の皆さんには、意味の分からないことが多くあるかもしれませんので、北米の様子を少し解説してみます。

More

厚労省、緊急避妊の薬剤師向け研修で通知

2020年1月23日 日経メディカル Online 薬剤師

厚生労働省医薬・生活衛生局総務課は、2020年1月17日、緊急避妊に関する診療の提供体制に関する薬剤師向けの研修に関して、通知を発出した。

More

別の日に服用すべき一包化薬を同時に2包服用

2020年1月22日 日経メディカル Online 薬剤師

 CASE3は、認知機能が低下してきた患者が、服用日が異なる一包化薬を同時に2包、服用していた事例である。患者は当該薬局に初めて来局した。入院中に一包化薬を服用していたため、患者の希望により、退院後も一包化することになった。

More

小児の散剤調剤の鑑査、計算できますか?

2020年1月22日 日経メディカル Online 薬剤師

 今、薬学生の皆さんはどんな状況でしょうか。余裕? 勉強しなくちゃ? バイトしなくちゃ? 遊ばなくちゃ? 東京ディズニーランドに行かなくちゃ? 2020年4月オープンの新しいアトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」は絶対です。皆さんは絶叫系ですか? ショー、パレードでしょうか? ショー、パレード最優先でしょう!―― もちろん東京ディズニーランドに行くのはいいですが、やることをやってからにしましょうね。薬剤師にならなくちゃ! 時間は有意義に使いましょうね。

More

COPDにβ遮断薬は有用なのか

2020年1月21日 日経メディカル Online 薬剤師

 2019年10月、The New England Journal of Medicine(NEJM)誌の電子版に、「慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対するβ遮断薬の投与は、増悪による入院リスクを増加させる可能性がある」との結果を示した…

More

病院も薬局も、私たちは同じ「薬剤師」

2020年1月21日 日経メディカル Online 薬剤師

ナカノドラッグを訪れた瀬野は、小野塚を萬津総合病院薬剤部の勉強会に誘った。見下されたと勘違いした小野塚は、反発したが――。

More

私が挑んできた4つのタブー

2020年1月21日 日経メディカル Online 薬剤師

 先日、取引先の銀行の方と打ち合わせをしたときに、「社長は10年くらい前から、業界がこうなることをご存じだったのですか?」と質問されました。10年前から何をやってきたかを改めて考え直すと、この業界特有のタブーに果敢にも(無謀にも!?)挑んできたなぁと感じたことがあったので、今日はそれを皆さんとシェアしたいと思います。 まず、1つめは「薬剤師は患者の体に触れてはならない」というタブーです。2008年に、在宅医療の現場で薬剤師が血圧測定やSpO2のチェック、心音や呼吸音、腸音の聴診ができるといいなと思い、トライアルをしたらすごく良かったので、2009年に「薬剤師のためのバイタルサイン講習会」を開催しました。

More

厚労省、患者の本人確認で通知

2020年1月20日 日経メディカル Online 薬剤師

厚生労働省は2020年1月10日、保険医療機関と保険薬局で、患者の本人確認を行う場合の方法に関する通知を発出した。

More

外用薬の後発品選び、薬剤師は正しい情報を

2020年1月20日 日経メディカル Online 薬剤師

 DI Onlineで、「後発品をどう選ぶ2019」という記事を読みました。薬剤師が後発医薬品の新規採用時に重視するポイントとして、供給の安定性のほか、どの企業の製品か、薬局で扱いやすいかなどの回答が上位にランクインしていました。しかし、私はそれ以前の問題として、現場の薬剤師が後発品に関わる情報収集を適切に行った上で、選択や患者への推奨を行う必要があると感じています。特に外用薬の後発品に関しては情報が少なく、選択は慎重に行うべきです。

More

「医師の求めに応じて」に感じた憤り

2020年1月18日 日経メディカル Online 薬剤師

薬局薬剤師業務に関する話題のトレンドといえば、「対物業務から対人業務へのシフト」であり、2020年度調剤報酬改定においても内服薬の調剤料を引き下げて、対人業務の点数を引き挙げる方向性が示されています。2019年末から、中央社会保険医療協議会(中医協)で議論され、2020年1月15日に「これまでの整理」として決定した中には以下のような文言があります。

More

四病協、タスクシフトで新たに要望書

2020年1月17日 日経メディカル Online 薬剤師

日本病院会、全日本病院協会、日本医療法人協会、日本精神科病院協会からなる四病院団体協議会は2020年1月15日、医師のタスクシフト/シェアに関する要望書を、厚生労働省医政局長宛てに提出した。

More

2020年度改定に関するパブコメ募集開始

2020年1月17日 日経メディカル Online 薬剤師

厚生労働省は2020年1月15日、2020年度診療報酬改定に向けたパブリックコメント(パブコメ)の募集を開始した。

More

« Previous Posts