アレジオン点眼液が人気、コンタクトOKを評価

2019年3月23日 日経メディカル Online アレルギー・免疫

 日経メディカル Onlineの医師会員を対象に、抗アレルギー点眼薬のうち最も処方頻度の高いものを聞いたところ、33.9%の医師がオロパタジン塩酸塩(商品名:パタノール)と回答した。 第2位のエピナスチン塩酸塩(アレジオン)は26.1%、第3位のケトチフェンフマル酸塩(ザジテン他)は14.0%の医師が、最も処方頻度の多い薬剤として選んだ。 図には示していないが4位以下は次の通り。・クロモグリク酸ナトリウム(インタール他):7.8%・レボカバスチン塩酸塩(リボスチン他):7.2%・トラニラスト(トラメラス、リザベン他):4.2%・アシタザノラスト水和物(ゼペリン):2.6%・アンレキサノクス(エリックス):1.5%

More

Junbo Ge

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Junbo Ge

More

Richard Kovacs

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Richard Kovacs

More

David Saadoun

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

David Saadoun

More

Jae-Kwan Song

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Jae-Kwan Song

More

Sébastien Bonnet

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Sébastien Bonnet

More

Barbara Casadei

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Barbara Casadei

More

JoAnn Lindenfeld

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

JoAnn Lindenfeld

More

Jeroen J. Bax

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Jeroen J. Bax

More

Junichi Abe

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Junichi Abe

More

Tal Geva

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Tal Geva

More

Jack Tan Wei Chieh

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Jack Tan Wei Chieh

More

Myron Cybulsky

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Myron Cybulsky

More

Seung-Jung Park

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Seung-Jung Park

More

Shunichi Homma

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Shunichi Homma

More

Metin Avkiran

2019年3月23日 日経メディカル Online 循環器

Metin Avkiran

More

第108回看護師国家試験、合格率は89.3%

2019年3月22日 日経メディカル Online コメディカル

厚生労働省は2019年3月22日14時、第108回看護師国家試験(2019年2月17日実施)、第105回保健師国家試験(2019年2月15日実施)、第102回助産師国家試験(2019年2月14日実施)の合格発表を行った。看護師国家試験は、6万3603人が受験し、5万6767人が合格。合格率は89.3%と、前年より1.7ポイント低下して再び9割を下回った。保健師国家試験の合格者数と合格率は6852人、81.8%。助産師の合格者数と合格率は2096人、99.6%だった。

More

「年間1860時間」案に反対する要望書を厚労省に提出

2019年3月22日 日経メディカル Online 医師の職場環境

 医師の働き方を考える会の代表を務める中原のり子氏らは3月22日、厚生労働省医政局長の吉田学氏に対し、「医師の働き方改革に関する検討会」報告書(案)に対する要望書を提出した。

More

今どき必須!? 訪問看護と運転免許

2019年3月22日 日経メディカル Online コメディカル

訪問看護の求人情報を見ると、応募資格条件に「看護師免許」と並んで「要普通免許(AT車可)」と記載があることのなんと多いことか! もちろん地域によると思いますが、私の住んでいる東京都では、23区内は駐車場の確保が難しいせいか自転車で移動するステーションがほとんどです。しかし、私が就業を希望していた郊外エリアは車で移動するステーションが多く、自転車移動で限定して探すとかなり数が限られてしまいます。

More

外来でエチゾラムが最も処方されている県は?

2019年3月22日 日経メディカル Online 精神・神経

 当連載第2回の「外来で年間12億錠も出されている大問題のあの薬」も、第1回に続き多くの方に読んでいただいたようで、うれしいです。今回も引き続き、厚生労働省のウェブサイトで公開されている「NDBオープンデータ」を用いて、医療の実態を見ていきます。注目するのは前回に引き続きエチゾラムです。今度は、「都道府県別分析」を見ていきましょう。

More

薬機法の一部を改正する法律案を国会に提出

2019年3月22日 日経メディカル Online 行政・制度

 2019年3月19日、厚生労働省は、医薬品医療機器等法律(薬機法)等の一部を改正する法律案(改正案)が第198回通常国会に提出した。また同部会の中で検討されていた、薬局機能の定義について、「薬局とは、薬剤師が販売または授与の目的で調剤の業務ならびに薬剤および医薬品の適正な使用に必要な情報の提供および薬学的知見に基づく指導の業務を行う場所」(2条12)と再定義された。

More

偽造処方箋で福岡県が注意喚起

2019年3月22日 日経メディカル Online コメディカル

福岡県は2019年3月15日、福岡県薬剤師会に対して、向精神薬偽造処方箋に関する情報提供と注意喚起を行った。

More

薬を飲む、飲まないの違いはドコに?

2019年3月22日 日経メディカル Online コメディカル

 花粉症シーズン真っ盛りですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。僕の住む宇都宮市は、日光杉並木で有名な日光市に近いこともあり、毎年つらい鼻炎や目のかゆみに悩まされてい…

More

外科医の自分を支える三階部分の認定医資格

2019年3月22日 日経メディカル Online 外科

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

専門医資格、たくさん取得したい医師が半数以上

2019年3月22日 日経メディカル Online 医師のキャリア

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

85歳女性、心電図異常

2019年3月22日 日経メディカル Online 循環器

『日経メディカル』2018年6月号に掲載された心電図のクイズです。患者は85歳の女性。発作性房室ブロックによる失神を起こしたため、ペースメーカーを植え込み、以後、ペースメーカー外来を定期的に受診していました。前回の受診時の心電図は心室ペーシング調律でしたが、今回はある波形の異常が認められました。

More

リンパ節郭清は卵巣癌の生存期間を延長しない

2019年3月22日 日経メディカル Online

 進行卵巣癌患者に対する外科的治療では、骨盤リンパ節と傍大動脈リンパ節の系統的郭清が広く行われている。ドイツKliniken Essen MitteのPhilipp Harter氏らは、手術で肉眼的には腫瘍を取り切れた卵巣癌患者を対象にランダム化対照試験(RCT)を行い、リンパ節郭清は生存期間の延長をもたらしていないが、重篤な術後合併症のリスクを増やしていたと報告した。結果はNEJM誌2019年2月28日号に掲載された。

More

定年後の医師が気持ちよく働いてくれています

2019年3月22日 日経メディカル Online 医師のキャリア

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

「学位は役に立たないから不要」はみみっちい?

2019年3月22日 日経メディカル Online 医師のキャリア

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

開業医は長生きできない? 死亡時年齢は70.8歳

2019年3月22日 日経メディカル Online 医師の職場環境

 岐阜県保険医協会が実施した調査で、開業医の死亡時平均年齢が70.8歳と短く、特に60歳代の死亡割合が34%と多いことが明らかになった。同協会会長の浅井徳光氏は「長生きできない背景には、勤務医時代からの過酷な労働がある」と指摘、「開業医の働き方改革も急務」と訴えている。

More

配偶者に「医師以外」を望む医師が7割

2019年3月22日 日経メディカル Online 医師のキャリア

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

HPVワクチン接種後の神経障害は自己免疫性脳炎が原因

2019年3月22日 日経メディカル Online 感染症

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

開業するのは誰のため?自分?それとも患者?

2019年3月22日 日経メディカル Online プライマリケア

 研修医1年目の2002年にタイのエイズ施設で見た光景は今も目に焼き付いて離れない(関連記事:医療者が病気で患者を差別する日本の今を憂う)。当時のタイにはまだ抗HIV薬がなく、HIV感染は文字通り「死に至る病」だった。2年後の2004年には長期滞在するつもりで同じ施設を訪れた。諸事情から当初の予定よりも早く帰国することになったのだが、その後も2~3カ月に一度はタイを訪れていた。

More

HPVワクチンの積極的勧奨、8割が「すべき」

2019年3月22日 日経メディカル Online 感染症

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

飲酒量を減らす新薬セリンクロ、どう使う?

2019年3月22日 日経メディカル Online 精神・神経

今年3月、アルコール依存症患者の飲酒量を低減する治療薬ナルメフェン塩酸塩水和物(商品名セリンクロ)が発売された。

More

経口投与で子宮筋腫症状を改善する初のGnRH受容体拮抗薬

2019年3月22日 日経メディカル Online 産婦人科

 2019年3月1日、子宮筋腫治療薬レルゴリクス(商品名レルミナ錠40mg)が発売された。本薬は1月8日製造販売が承認、2月26日に薬価収載されていた。適応は「子宮筋腫に基づく諸症状(過多月経、下腹痛、腰痛、貧血)の改善」、用法用量は「成人、1日1回40mgを食前に投与。なお、初回投与は月経周期1~5日目に行う」となっている。

More

年明けの相場でいい加減気付け! FXは危ない!

2019年3月22日 日経メディカル Online ライフスタイル

 FXとは、外国為替証拠金取引のことで、簡単にいえば為替でトレードをすることを意味します。1ドル100円のときに1万円で100ドルを買って、1ドル110円になったとき100ドルを1万1000円で売れば1000円の儲けが出る、そういう類のものです。すごくザックリと書いていますので、実際はもっと複雑です。

More

「人生ライフ向上塾!」総選挙結果発表!!

2019年3月21日 日経メディカル Online 精神・神経

 悩める研修医の皆さんこんにちは! 毎度おなじみ人生ライフ向上塾の前に、2つお知らせがあります!!

More

「転勤があるから持ち家より賃貸」は少数派

2019年3月21日 日経メディカル Online ライフスタイル

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

コカイン中毒――中毒診療で心に留めておきたいこと

2019年3月21日 日経メディカル Online 救急医療・集中治療

 ミュージシャンや俳優として活躍するピエール瀧氏がコカイン使用で逮捕されました。衝撃です。うちの子どもは「アナと雪の女王」の目覚まし時計を使っており、今朝も虚しく彼の声が響いていました。

More

「ACP取りました!」「グッジョブ!」とならないために

2019年3月21日 日経メディカル Online ターミナルケア

最近、日本では”人生100年時代”の到来に向け、人生設計の見直しが話題になっているようです。個人的には、現在の高齢者が育った時代にはなかった食品添加物、遺伝子組み換えや環境汚染、電磁波、放射線、ストレス等々にさらされているジェネレーションが、そんなに長生きできるのかな? とも思うのですが……。とにかく、人生が何年であったとしても、必ず終わりは来るわけで、そこまでを見据えた人生設計の見直しが必要でしょう。 日本では、親や自分の老後・介護についての意識調査が多くありますが、その内容は、主に介護に関する不安要素や、その対策に関するもので、「終末期(疾患、加齢などによる)における医療処置に関する意思決定

More

【レッスン7】異常陰影を指摘せよ(難易度 中)

2019年3月21日 日経メディカル Online

問:次の胸部X線写真で異常陰影を指摘せよ。

More

23領域のサブスペシャルティ認定の堅持目指す

2019年3月20日 日経メディカル Online 医師のキャリア

 日本専門医機構は3月18日、定例記者会見を開催。理事長の寺本民生氏は、既に機構が認定している23のサブスペシャルティ領域について、改めて厚生労働省の部会での追認を求め、4月か…

More

Robert J. Gropler

2019年3月20日 日経メディカル Online 循環器

Robert J. Gropler

More

「患者サポートサービス」は医行為に当たらず

2019年3月20日 日経メディカル Online コメディカル

 経済産業省は2019年3月18日、特定の医療用医薬品を処方されている患者等に情報を提供するサービス(患者サポートサービス)の実施を検討している事業者の照会に対して、厚生労働省から回答があったと発表した。今回の照会は、グレーゾーン解消制度(通称)を使ったもの。

More

Carolyn Lam Su Ping

2019年3月20日 日経メディカル Online 循環器

Carolyn Lam Su Ping

More

「後発品は副作用が出るから嫌」の裏にあるもの

2019年3月20日 日経メディカル Online コメディカル

 2019年3月13日、ユリーフ錠のオーソライズド・ジェネリック(AG)であるシロドシン錠「DSEP」が第一三共エスファから発売されました。私の薬局では、このAGを採用することにしましたが、患者さんの中には、いまだ「ジェネリック(後発医薬品)は嫌だ」という方が少なくありません。

More

「医薬品の販売情報GL」で起きている混乱

2019年3月20日 日経メディカル Online 行政・制度

 4月から「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」(PDF)の運用が始まるが、このガイドラインの影響で製薬企業の広報関連部署に波紋が広がっている。厚生労働省は2月、このガイドラインの内容を解説するQ&A(PDF)を事務連絡として発出したのだが、問題はその「Q37」だ。 これを受けて、メディアセミナーの開催を一時見合わせる製薬企業も出始めている。中には、自社のコンプライアンス部門と綿密に打ち合わせた上で、メディアセミナーを従来に近い形で実施している会社もあるが、「情報収集中」として、様子見を続ける会社も少なくない。

More

抗アレルギー薬の抗コリン作用や眠気の要因とは

2019年3月20日 日経メディカル Online アレルギー・免疫

 今回も前回に引き続き、化学構造式から医薬品の溶解性を考えていきましょう。

More

スキルの評価や手間への加算に多くの医師が賛成

2019年3月20日 日経メディカル Online 行政・制度

医療には様々な疑問が山積している。医学的な判断はもちろん、より良い医療を提供するための制度・仕組み、医師本人のキャリアプランなど。しかしこうした疑問には正解がないのが普通だ。だからPros Cons。他の医師はどう考えているのか? 自分にない考え方を知り、新しい視点を持つことで、明日からの医療はもっと良くなるに違いない。

More

« Previous Posts