愚痴がいっしょ!!

2018年7月16日 日経メディカル Online

ママでナースの私は主任になった。主任になると患者さんのケアだけでなく……

More

患者が安心できる雰囲気づくり

2018年7月16日 日経メディカル Online

胃の痛みが気になり再来院した患者に、医師が対応している。

More

聖路加病院長・福井氏「『医療の質』の議論が二の次で危惧」

2018年7月16日 日経メディカル Online

 聖路加国際病院院長の福井次矢氏は、米国では睡眠不足のレジデントが起こした医療事故を契機に「医師の労働時間規制」が議論されたのに対し、日本では医師の自殺を契機に議論が進…

More

「辞めたい」の裏側の気持ち

2018年7月16日 日経メディカル Online

普段、私たちは「もっとこうだったら」「なんでこうじゃないんだろう」と、他の何かと比較して、現状の不満を言ったりしてしまうものですよね。でも、本当にそれを失ってみてはじめて、今までの居場所がかけがえのないものだったと気づいてしまうこともあるものです。

More

胃潰瘍

2018年7月16日 日経メディカル Online

「症例に学ぶ腹部エコー診断のポイント」を全面改訂、内容を一新し、2008年に発売した日経メディカル・ビデオ「腹部エコー診療の実際」から会員限定で収録動画を公開します。

More

【アイン薬局/愛知県特区】遠隔服薬指導のデモ公開‐離れた場所から患者に説明

2018年7月13日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【大阪府】ジェネリック薬促進で「協力依頼」‐3エリアでモデル事業実施

2018年7月13日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【厚労省まとめ】西日本豪雨、浸水被害192薬局に‐医薬品供給体制は支障なし

2018年7月13日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【厚労省】免疫抑制剤3品目の禁忌解除‐添付文書改訂を要請

2018年7月13日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

西日本豪雨被災者は一部負担金の徴収不要に

2018年7月13日 日経メディカル Online

 平成30年7月豪雨(いわゆる西日本豪雨)の被災者については、窓口で医療費一部負担金を受け取る必要はないとの方針を、厚生労働省が示した。保険証の提示がなくても保険診療が可能であり、医療機関や薬局は全額を保険請求できる旨も併せて示した。7月13日に日本医師会館(東京都文京区)で開かれた第25回被災者健康支援連絡協議会で説明した。

More

頭痛患者が来局して困った事は?

2018年7月13日 日経メディカル Online

 ありふれた疾患でありながら、薬局での対応が難しい頭痛。DI Onlineの薬剤師会員を対象に、頭痛の患者が来局して困った経験の有無を尋ねたところ、63.9%が「ある」と回答した。その理由を聞いたところ、「医師の処方意図が分からない、分かりにくい」がトップで198人、僅差で「トリプタン製剤の服用タイミングが患者に正しく伝わっているか不安」が195人と続いた(図)。

More

オキシコンチンがTR錠になると何が変わる?

2018年7月13日 日経メディカル Online

 2点も先制されたベルギー代表のごとく本気を出した梅雨前線の影響で、ひのくにノ薬局では、開店休業状態を維持していた。 「あれ、オキシコンチンTRって……。オキシコンチンの新しい製剤が出たんですね」。デスクの整理をしていたあゆみさんは、MRさんが置いていったパンフレットを手にしている。「薬剤改変による乱用を防止することが目的なんだ。やっぱ、悪いことする人っているんですね」

More

被災した関節リウマチ患者さんのために

2018年7月13日 日経メディカル Online

患者さんが被災すると、治療薬を失う、治療の継続ができなくなる、手持ちの薬を飲み切ってしまっても処方を受けられないといった事態が起きます。

More

ALK-TKIで期待される新たな展開

2018年7月13日 日経メディカル Online

 ALK遺伝子転座陽性(ALK陽性)の進行非小細胞肺癌(NSCLC)の治療は、ALK阻害薬の登場によって大きな変化を遂げた。まず、クリゾチニブが登場し、次いでアレクチニブが現れ、今や1次治…

More

腎機能に依存しない1日1回投与の抗MRSA薬

2018年7月13日 日経メディカル Online

 2018年5月22日、抗菌薬テジゾリドリン酸エステル(商品名シベクトロ錠200mg、同点滴静注用200mg)が薬価収載された。適応は「テジゾリドに感性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による深在性皮膚感染症、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、びらん・潰瘍の二次感染」、用法用量は「成人は1日1回200mg、点滴静注は1時間かけて投与」。

More

特発性肺線維症の新治療薬:オートタキシン阻害剤GLPG1690

2018年7月13日 日経メディカル Online

 2018年5月にサンディエゴで開催されたアメリカ胸部学会(American Thoracic Society)の総会では、特発性肺線維症(IPF)の新しい治療がいくつか紹介されていました。その中で、トップジャーナルに掲載されたものを今月2編紹介させていただきます。

More

離島の「健康」を守る移動基地

2018年7月13日 日経メディカル Online

 1961年、恩賜財団済生会設立50周年記念として、瀬戸内海離島地域の巡回診療船「済生丸」が計画された。現在、岡山、広島、香川、愛媛県の62の島々を巡回して診療・検診をおこなっている済生丸について、岡山県済生会支部長の岩本一壽氏にお話を伺った。

More

網膜の神経線維層と認知症の関係

2018年7月13日 日経メディカル Online

 アルツハイマー病(AD)患者やモデルマウスでは、網膜にもアミロイドβの蓄積が起こることが報告されている。オランダErasmus医療センターのUnal Mutlu氏らは、非侵襲的な光干渉断層撮影(OCT)検査により、網膜の神経線維層や内網状層の厚さを調べ、神経線維層が薄い人はADを発症するリスクが高かったと報告した。結果JAMA Neurology誌電子版に2018年6月25日に掲載された。

More

東京医大の裏口入学贈収賄事件で憂うべきこと

2018年7月13日 日経メディカル Online

 文部科学省の現職局長が、東京医科大学に研究補助金選考の便宜を図る見返りに、入学試験の点数に下駄を履かせて自分の息子を不正合格させた受託収賄事件で逮捕され、話題になっている。その後、安倍政権を批判していた前川喜平・元文部科学事務次官との関係など、あれこれ政治的な話題としてもやかましいことになっているし、東京医大の現体制の批判なども取り沙汰されている。

More

急性胃粘膜病変(AGML)

2018年7月13日 日経メディカル Online

「症例に学ぶ腹部エコー診断のポイント」を全面改訂、内容を一新し、2008年に発売した日経メディカル・ビデオ「腹部エコー診療の実際」から会員限定で収録動画を公開します。

More

35歳男性。爪病変を伴った皮疹

2018年7月13日 日経メディカル Online

今回のクイズは『日経メディカル』2016年4月号に掲載された皮膚のクイズです。患者は35歳の男性。皮疹の加療目的で紹介受診しました。小学生の頃から下腿に発疹があり、次第に増悪。1年前から手指の変形と爪の異常が表れていました。

More

「薬で寝たきり」を回避せよ

2018年7月13日 日経メディカル Online

 「薬の影響で寝たきりになってしまい、もう少しで終末期になりそうだった患者がいる」。在宅患者の訪問診療を多く手掛ける新田クリニック(東京都国立市)院長の新田國夫氏は、薬…

More

<胸痛>後に持続する心窩部圧迫感をどう診る?

2018年7月13日 日経メディカル Online

 この連載は救急搬送される患者の病院到着前に、救急隊からの連絡(収容要請)を基にどのように考えるかを症例ベースで解説しています。病着後にまず確認すべきレッドフラッグは何かを意識しながら、救急ならではの臨床推論を一緒に体験してください。

More

お金が増える人は「国が用意した裏道」を歩く

2018年7月13日 日経メディカル Online

 以前のコラム「来年からオトクな『つみたてNISA』が始まるよ」「節税の切り札! 個人型確定拠出年金って何?」などでもお伝えしましたが、国はこの数年で個人に対して、税負担を軽くするとっておきの方法を提示し始めています。 これが何を意味しているか、考えたことはありますか? なぜ、国は税制改革によって「貯蓄から投資へ」の移行を進めているのでしょうか? なぜ、国はつみたてNISAを用意し、20年という長期で売却利益を非課税にしてくれているのでしょうか? なぜ、会社の退職金が厚生年金基金ではなく、確定拠出年金から支払われるようになるのでしょうか?

More

【日本ケミファ】高尿酸血症領域で差別化‐クエンメットは“事実上のオーソライズド・ジェネリック”

2018年7月12日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【メドライン・ジャパン】売上高500億円以上が目標‐手術用製品から地域・介護へ

2018年7月12日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【厚科審委員会】関節リウマチ対策で報告書‐薬剤師に専門知識の習熟求める

2018年7月12日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【臨床薬理学会学術総会で報告】AI搭載ソフトは医療機器か‐規制当局の判断が普及の鍵に

2018年7月12日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

復旧作業をされる方の健康と安全を守るために

2018年7月12日 日経メディカル Online

 豪雨の被害にあわれた地域にお住まいの方、また、復旧作業、そしてボランティアなどとして現場に入られる方の健康と安全を守るための留意点を紹介します。なお、以下は7月16日頃までの急性期を想定しています。今回は5分で読めるように要点だけとしました。

More

健康状態モニタリングで避難所の熱中症を防げ

2018年7月12日 日経メディカル Online

西日本豪雨によりお亡くなりになられた方にお悔やみを申し上げます。被災地でも連日30℃を上回る日が続き、避難所での生活を強いられている方々の健康状態が心配されます。被災地での熱中症対策や健康管理の方法について、帝京大学附属病院高度救命救急センター長の三宅康史氏に聞きました。

More

2020年度改定に向け、今改定の影響を調査へ

2018年7月12日 日経メディカル Online

 中央社会保険医療協議会の診療報酬調査専門組織「入院医療等の調査・評価分科会」が7月12日に開かれ、2018年度診療報酬改定の入院医療への影響調査の項目と実施スケジュールの案が了承された。2018年度と2019年度の2カ年で、急性期一般入院基本料や地域一般入院基本料、地域包括ケア病棟入院料、回復期リハビリテーション病棟入院料など7項目について調査を行う。

More

儲けることは悪くない!利益を上げて質を向上させよう

2018年7月12日 日経メディカル Online

 今年の調剤報酬改定は、収益率が高い大手調剤チェーンをターゲットに、その利益を減らすことに重きを置いた改定となった。医療費が国の財政を圧迫する中で、比較的利益率が高い部分から削るという考え方は理解できる。しかし、改定の内容やそれまでの議論を見ていると、そうした理由だけではない「儲かっている薬局はけしからん」と言わんばかりの感情論があるように感じる。

More

遠隔診療の「システム利用料」で疑義解釈

2018年7月12日 日経メディカル Online

 厚生労働省は7月10日、2018年度診療報酬改定の「疑義解釈資料の送付について(その5)」を発出した。

More

骨髄腫の大量化学療法・自家造血幹細胞移植後の維持療法でイキサゾミブが有効

2018年7月12日 日経メディカル Online

 武田薬品工業は7月12日、導入療法と大量化学療法を伴う自家造血幹細胞移植で奏効を示した多発性骨髄腫患者を対象に、経口プロテアソーム阻害薬イキサゾミブの維持療法としての有効…

More

QIスコアで「薬局版・食べログ」が可能に?

2018年7月12日 日経メディカル Online

前回、薬局の質を評価するための指標(Quality Indicator/QI)の活用方法について学んだ薬局薬剤師3年目のごう君。今日はQIの使用目的について学びます。

More

チオ硫酸ナトリウムはシスプラチンの耳毒性を減らす

2018年7月12日 日経メディカル Online

 肝芽腫で標準リスクと判断された小児患者には、シスプラチンを用いた化学療法と手術が有効で、長期的な生存率は高いが、永続する深刻な難聴が発生する可能性がある。シスプラチンによる耳毒性の保護剤としてチオ硫酸ナトリウム(STS)を投与するランダム化試験を行った英Great Ormond Street HospitalのPenelope R. Brock氏らは、STSが癌の治療効果を損なうことなくシスプラチン関連聴力障害の発症率を減らしたと報告した。結果はNEJM誌2018年6月21日号に掲載された。

More

新薬「シダキュア」は「シダトレン」より効く?

2018年7月12日 日経メディカル Online

 2018年6月29日、スギ花粉の舌下免疫療法薬の錠剤「シダキュアスギ花粉舌下錠」が発売された。初めてのスギ花粉症の減感作療法薬として2014年に登場した「シダトレンスギ花粉舌下液」に比べ、保管方法が簡便で、使用年齢に制限がないなどの利点がある。診療上の疑問点や注意点をまとめた。

More

究極の問題? 患者の「死にたい」への対応法

2018年7月12日 日経メディカル Online

 ナガイフサコさんは77歳の女性。1年前に腎癌と診断されたが、高齢を理由に抗癌剤などの治療は希望せず、緩和ケアに専念することとなった。Dr.ニシの外来を紹介され、しばらく通院していたが、2カ月前から腰痛が悪化。精査したところ、腰椎への骨転移が発見された。放射線治療を予定していたが、入院の前日に腰痛が急激に悪化し、下肢麻痺が出現。救急車で搬送され、脊髄圧迫症候群の診断となった。ステロイド投与と放射線治療を行ったが下肢麻痺は改善せず、寝たきりとなった。

More

水害時の衛生対策と消毒方法のガイダンス活用を

2018年7月12日 日経メディカル Online

 日本環境感染症学会は7月9日、学会ウェブサイトで「水害被害へのお見舞いと支援について」を発表。西日本豪雨の被災地で救援活動を展開する専門家に対し、感染制御マネジメントの手引きや水害時の衛生対策と消毒方法のガイダンスの利用を呼び掛けている。

More

豪雨の災害…呼ばれなければ行けないもどかしさ

2018年7月12日 日経メディカル Online

 先週末から日本各地で豪雨が降り注ぎ、大雨による土砂災害、川の氾濫による洪水などが起こっています。奇しくも、アルミ工場の爆発事故が起こった岡山県総社市は僕の故郷です。生まれは東京だし、高校卒業後は各地を転々としているので生粋の岡山人とはいえないのかもしれませんが、今も両親はじめ家族がそこで生活しています。小・中学校や高校の同級生が災害に巻き込まれる姿をSNSで見かけ、切ない気持ちになっていました。特に、今回の集中豪雨で水没した真備町を中心に、周辺には多数の友人宅があり、完全に自宅が水没してしまったという声もたくさん届いています。

More

「診療科の転科に伴うリスクやお勧めの立ち回り方は?」

2018年7月12日 日経メディカル Online

◯年目X科医の男です。今回伺いたいのは、「転科」のお話です。 近々、X科から循環器内科に転科予定です。 高校時代からX科医になりたくて医学部に入学しましたが、X科座学があまりに刺激がなく、ポリクリでも感動がありませんでした。その中で、学問的には循環器内科に魅力を感じました。最終的には、初志貫徹という気持ちでX科を選択し、専門医を獲得したものの、X科という学問への興味は正直持てないままでした。そんな中、ふとしたきっかけで経皮的冠動脈インターベンション(PCI)治療などに入る機会があったこともあり、循環器医の魅力にとりつかれて近々転科予定です。

More

【厚労省】後発品シェア72.5%に伸長‐2月の調剤費は3.5%増

2018年7月11日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【あすか製薬】バルサルタンに発癌性物質で自主回収

2018年7月11日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【厚科審部会】医薬分業に厳しい意見、見直しの時期との指摘も‐薬機法改正に向け議論

2018年7月11日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

【厚労省まとめ】豪雨で53薬局に浸水被害‐広島市などで開局不可も

2018年7月11日 薬事日報社03 HEADLINE NEWS


More

アイン、オンライン服薬指導を公開

2018年7月11日 日経メディカル Online

 アインホールディングス(札幌市白石区)は、2018年7月10日、愛知県の国家戦略特別区域(国家戦略特区)での薬剤遠隔指導について、その流れを報道向けに公開した。この日行われたのは、模擬患者によるデモンストレーションだったが、アインによると、既に7月5日に、りゅう市役所北 内科・リハビリ科(愛知県岡崎市)をオンラインで受診した患者に対して発行された「特定処方箋」に基づいて、アイン薬局稲沢店(愛知県稲沢市)が薬剤遠隔指導を行い、患者に薬剤を交付したという。

More

今改定で旧7対1「35万床」の山は崩れるか

2018年7月11日 日経メディカル Online

 近年の診療報酬改定は、「増え過ぎた7対1病床をいかに適正化するか」が主要なテーマの一つとなってきた。旧7対1入院基本料(2018年度から7対1相当の入院料は『急性期一般入院料1』)が2006年に創設されて以来、7対1病床の数は飛躍的に伸び続け、ピーク時の2014年3月時点では約38万床にも達した。この病床数は今改定でどう変わるだろうか。

More

熊本大、浜松医大の志願者が4割減少した理由

2018年7月11日 日経メディカル Online

今年3月まで行われた2018年医学部入試の大学別偏差値、倍率などのデータが出揃い、全貌が明らかになった。志願者減で全体としては難化傾向が和らぐ中、個々の大学では、学費引き下げで競争率が高まったり、試験方式の変更で出願が減るなど様々な動きが見られた。医学部受験の動向に詳しい学校法人河合塾・麹町校の梅田靖彦氏に、来年度入試の展望を含め話を聞いた。

More

高齢者の避難所肺炎、予防のカギは「お粥」

2018年7月11日 日経メディカル Online

 西日本豪雨によりお亡くなりになられた方にお悔やみを申し上げます。避難所で生活する高齢者の肺炎予防について、愛知医科大学緩和ケアセンターの前田圭介氏が緊急寄稿してくださいました。前田氏は2016年、熊本県内の医療機関に勤務していたときに熊本地震を経験し、被災者のケアに尽力なさっています。

More

直腸癌の安全な手術回避条件を探る研究

2018年7月11日 日経メディカル Online

 局所進行直腸癌の標準治療は、術前化学療法後の直腸間膜全切除術(TME)とされている。術前化学療法後に、臨床的完全寛解(cCR)と判断された患者を経過観察(watch and wait)とする戦略の有効性と安全性を検討したオランダLeiden大学医療センターのMaxime J M van der Valk氏らは、対象となる患者を慎重に選別し、定期的にサーベイランスを行えば多くの患者が手術を回避でき、再発した場合も手術不能例はまれだったと報告した。詳細は、Lancet誌2018年6月23日号に掲載された。

More

« Previous Posts